【まだ間に合う!】食べすぎた次の日に絶対するべき「48時間リセット術」

ダイエット

久々に友達とランチ、ついつい食べすぎてしまった…
ZOOMオンライン飲みで盛り上がりすぎて、おつまみやお酒を飲みすぎてしまった…
ダイエットでせっかくご飯を我慢していたのに、ストレスでどか食いしてしまった…

食べすぎた次の日に、後悔して落ちこんだ経験がある人は多いと思います。

でも、美味しいご飯をみんなで食べるのは楽しいですし、ストレスを発散してリフレッシュできる大切な時間。

そして、1回くらい食べすぎてしまっても、カンタンにリセットする方法があるのを知っていますか?

今回は、うっかり食べ過ぎた時の対処法「48時間リセット術」について紹介したいと思います。

食べてすぐには太らない。食後の48時間が勝負!

まず安心してほしいのは、食事を1回ぐらい食べすぎたからといって、いきなり脂肪になるわけではありません。

人間は食事を摂ったあと、消化して吸収・代謝するまでに時間がかかります。糖質や脂質、タンパク質など栄養素によって代謝にかかる時間は違いますが、およそ2日前後で脂肪に変わることが多いようです。

この48時間を、シンデレラタイム なんて呼ぶこともあるみたい。

すこし脱線しましたが、
要するに、食後の48時間でちゃんと調整することができれば、実は意外となんとかなる ということです!

食べ過ぎた翌日に、断食やファスティングは逆効果なので注意!

48時間リセット術を紹介する前に、気をつけてほしいことがあります。
それは、断食やファスティングはしないこと。

食べすぎてしまったからといって、いきなり断食やファスティングはしないようにしましょう。

いきなり食事を摂らなくすると、体が飢餓状態になっていると脳が勘違いしてしまい、逆に脂肪を溜め込みやすくなることも。

食べ過ぎた翌日でも、3食バランス良く食べることで基礎代謝を上げ、太りにくい体づくりを意識しましょう。

特に朝食は一日の代謝を上げるためにも、温かいものを食べると良いです。

もちろん、食べすぎで弱った胃腸を休ませるためにも、食事の量はやや控えめに腹八分目まで。

また、気持ち悪くて食欲がないときは無理をせず、スープなど汁物で食べやすい食事を選んでくださいね。

できれば野菜スープで栄養とエネルギーを補給したいですが、厳しそうならインスタントのお味噌汁などでも体があたたまるので大丈夫です。

ほかにも、フルーツをいれたスムージーもいいですね。

スムージーに入れる果物は、夏場なら水分をたっぷり含んでいる梨やスイカ、冬であればイチゴや林檎がオススメ。

季節をきにせずスーパーで買えるバナナなどもお手軽です。

フルーツだけのスムージーはニガテという人は、はちみつや牛乳を加えてると飲みやすくなるので試してみてください。

3つのポイントを抑えて、48時間リセット術でリカバリー

それでは、具体的にどんなことをするのかを紹介していきます。

オススメのポイントは3つ。

  • 水を飲んでデトックス
  • 胃腸に優しい食事で栄養補給
  • 消化を助けるヨガにチャレンジ

それぞれ詳しく見てきましょう!

水を飲んでデトックス。こまめに水分補給をしましょう。

飲み会の食事などは塩分が多く、翌日には顔や足がむくんでいることも。また、お酒のアルコールで体が脱水気味な場合もあります。

とりすぎた塩分や糖分・アルコールなどを水と一緒にデトックスできるように、普段よりも多めに水を飲むようにしましょう。

目安としては、1日にコップ10杯ほど。およそ1.5リットル~2リットル程度を目標にしましょう。

このとき、冷蔵庫でキンキンに冷えた水を飲むと胃腸が冷えてしまうため、できれば常温・もしくは常温以上の白湯がオススメ。

また、一気に大量の水を飲むのではなく、喉が乾いた時に水分補給をする感覚でこまめに飲むのがベストです。

利尿作用という意味ではコーヒーなどカフェイン入りの飲み物もよさそうですが、弱った胃腸には負担になることが多いので、できるかぎり水を飲むようにしましょう。

胃腸に優しい食事で栄養補給。発酵食品もあるとGOOD.

食べ過ぎた日の食事は、脂っこいものや、塩辛いもの、砂糖たっぷりの甘いデザートを食べていませんか?

偏った食事の翌日は、できるかぎり不足している栄養を食事で補うことを意識してみましょう。

例えば、朝食で野菜や果物を中心に食べて、食物繊維やカリウムを補給してむくみや老廃物のデトックスを促します。

お昼には高タンパクな昼食でエネルギー代謝をアップさせましょう。赤身肉や鶏むね肉のように脂肪の少ない肉類のほか、魚や卵も最適です。

さらに、ヨーグルトや納豆といった発酵食品も一緒に食べられるとベスト。弱った胃腸を整える効果が期待できます。

納豆がニガテ!という人には、↓の粉納豆がオススメです!

私も最近食べ始めたばかりなんですが、かなり調子いい感じです。またレビュー記事も書けたらと思ってます。

今だけフェアで1000円ポッキリ【メール便 送料無料】粉なっとうお試しサイズ[あらびき]40gか[パウダー]32gを選択腸内環境(腸内フローラ)をケア!プロバイオティクスで腸内バランスを整え弱い乳酸菌(善玉菌)もサポート。粉納豆/こな納豆

価格:1,000円
(2021/4/9 11:46時点)
感想(4248件)

ここで注意してほしいのが、パンやおにぎりといった糖質の多い食事は避けるようにしましょう。

コンビニで気軽に買えてしまうのでついつい選びがちですが、48時間リセット術では糖質の多い食事はNG。

ほかにも、脂質や塩分の多い食べ物、濃い味付けの食事も避けてください。

食べすぎてしまった次の日は、できるだけ体を労ってあげましょうね。

もし胃腸が弱っていて夕方になっても食欲がない というときは、六君子湯(リックンシトウ)などの漢方で胃腸を整えるのもオススメです。

消化を助けるヨガにチャレンジ

もし体力に余裕があれば、体を動かして代謝アップと消化のサポートに挑戦してみましょう。

もちろん、いきなりランニングや筋トレなど激しい運動をする必要はありません。

普段より多めに歩くだけでも良いですし、外に出られない時には簡単なヨガもオススメです。

オススメなのは、夜寝る前に消化を促す「橋のポーズ」。

お尻を持ち上げることで内臓が程よく圧迫され、消化活動をサポートする効果があるといわれています。

お腹の張りを和らげたり、リラックス効果もあるので、食べすぎてしまった当日にもやるとベストです。

そもそも、食べすぎてしまった原因は?

万が一食べすぎてしまっても、48時間リセット術を行えばちゃんとリカバリーもできることがわかりました。

だからといって、何度も過食(食べすぎ)をしているようでは、なかなかダイエットも成功しません。

では、そもそも食べすぎてしまった原因は何でしょうか?

  • ・久々の飲み会でハメを外しすぎた
  • ・仕事のストレスで暴飲暴食してしまった

などなど、いろいろあると思います。

でも私がイチバン気になっているのは、

ダイエットで無理な食事制限をしてませんか? ということ。

ダイエット中に食べすぎてしまって、なんとかしたい! と、このブログを見つけられた方も多いと思います。

私もダイエット中何度も食べすぎてリバウンドを繰り返した経験があるので、焦ったり落ち込んだりする気持ちはよくわかります。

ですが先程もお話したとおり、48時間リセット術でなんとかできちゃいますので、あまり落ち込んだり自分を責めないようにしてくださいね!

もちろん、食べすぎを繰り返さないように、ダイエットの方法の見直しも大切です。

私がこれまで試した中で、一番長続きして実感のあったダイエット方法は「置き換えダイエット」。

↓の記事でも紹介していますので、よければ続けて読んでみてくださいね。

まとめ

48時間リセット術について、その方法をくわしくご紹介しました。

  • 断食やファスティングはやめる
  • こまめに水分補給
  • 胃腸に優しい食事で栄養補給
  • 消化を助けるヨガにチャレンジ

この4つのポイントを守って、食べすぎた次の日から48時間は上手にリカバリーしましょう。

繰り返しになりますが、ダイエット中に食べすぎてしまったからといって、落ち込みすぎたり自分を責めすぎないようにしてくださいね!

意外となんとかなりますから!

美味しいものをたくさん食べたら、また気持ちを引き締めてがんばりましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました